『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > アクサ生命のCRに対する考え方

アクサ生命のCRに対する考え方

フィナンシャル・プロテクションを提供する私たちのビジネスは、人々の暮らしに安心と安全をもたらし、社会の持続的な発展をサポートするという社会的に重要な役割を担っています。
アクサ生命の考えるコーポレートレスポンシビリティ(CR)とは、こうした社会的な役割を、企業として責任ある行動を果たしていくことです。そして、私たちのコアビジネスを通じて蓄積してきた、リスク管理の専門家としてのスキルやノウハウを活かし、経済の持続的な発展や社会の利益に貢献していくことです。アクサ生命では、こうしたCRの視点を日々のビジネスに組み込み、企業文化の一部とすることで、アクサ生命に関わるすべての方々から信頼され選ばれる企業となるよう、その実現に向けて日々努力を続けています。

アクサ生命が目指すCR経営

AXAグループではCR 経営の発展プロセスを以下のようにとらえ、
CR成熟度を測定しています。アクサ生命は「コンプライアンスステージ」、「マネジメントステージ」を経て、
現在は「戦略的ステージ」に到達し、社会問題を会社戦略に組み込み取り組んでいます。

主要なステークホルダー

私たちのビジネスは、日々さまざまなステークホルダーの方々と関わりあうことによって成り立っています。アクサ生命では、自身の主要なステークホルダーとして「株主」「お客さま」「社員」「環境」「コミュニティ」「サプライヤー」を掲げ、それぞれのステークホルダーの方々に対し、責任ある企業としての役割を果たす努力を続けています。