『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > 人材に関する取組み > ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み > 女性の活躍推進

女性の活躍推進

アクサ生命では、社員の半数を占める女性社員の活躍推進と管理職登用に積極的に取り組み、性別に関わらず持てる能力を十分に発揮できる環境づくりを進めています。

女性の登用

女性に関するデータ(2014年12月1日時点) ・女性役員4名 ・管理職に占める女性の割合 14% ・男女比率 53:47

2009年より女性の管理職登用を積極的に推進してきた結果、2014年12月1日時点で女性役員は4名、全管理職に占める女性管理職の割合は14%となっています。
また採用や配置においては、それぞれが持つ能力やポテンシャルに区別なく平等な機会を提供しています。

女性の活躍推進のための各種制度

女性社員の能力を最大限に引き出すため、アクサ生命では女性社員の能力開発や部門を超えた横のつながり強化、役員や管理職の意識改革に取り組んでいます。

W@Wプログラム

女性管理職プログラム

女性管理職が自信と誇りをもって仕事に取り組み、自らが描いたキャリアプランを実現していくことは、次世代社員にとって何にも変えがたいモデルとなります。このプログラムでは、影響力を発揮する方法、課題認識、キャリアカウンセリング、上級管理職とのコミュニケーションなど、女性管理職のニーズに応じた能力開発を行っています。

次世代女性スタッフプログラム

次世代、いわゆる係長クラスにあたる社員を対象としたプログラム。次の世代を担うこの階層の社員に対して早期にキャリア開発の必要性を伝え、成長をサポートします。キャリア開発ワークショップやリーダーシップトレーニングなど、次世代を担うリーダーとして着実にステップアップできるようプログラムを構成しています。

若手社員プログラム

入社3年までの男女の新卒新入社員を対象としたプログラム。同期の社員間のネットワークを育むと同時に、先輩社員との交流や人事部門によるチューター制度を通じて、早い段階からキャリア開発の視点を養っていきます。

スポンサーシップ・プログラム

役員・営業局長がスポンサーとなり、管理職としてのポテンシャルのある女性を育成して管理職就任を支援する仕組み。スポンサーが結果責任を持つことから着実に成果を挙げています。

スポンサーのミッション
:組織内でシニアなレベルにいる、または強い影響力を持つスポンサーが、特定の個人(プロテジェ)を昇格できるよう育成し、環境を整える。プログラムの期間は2年間とし、スポンサーはその結果に責任を持つ。
目的
:組織内で、現在非管理職の場合は数階層、既に管理職の場合は役員に成長するモチベーションのある女性を意識的に育成する。
:管理職/役員となる人材のパイプラインを強化する。
:女性の昇格を加速させる。
:「育成文化」をトップマネジメントから促進させる。

アクサ女性会議

女性の活躍推進に関する会社戦略の理解を深め、仕事へのモチベーションやキャリアへの意欲を高めることを目的としています。社内外のスピーカーによるディスカッション・講演や参加者同士のネットワーキングなど、内容は多岐にわたります。

社員の声

ストラテジック・プログラム・オフィス プロジェクトマネージャー
小林 千恵

私は女性活躍推進研修のうち、管理職向けプログラムのいくつかに参加しました。まずメンタリングでは、メンターと今後のキャリアやロールモデルなどのテーマで掘り下げた話をしました。キャリアカウンセリングでは、私が仕事とプライベートのバランスを重視するタイプであることを改めて認識することができました。またアサーション(自分の伝えたいことを伝わるように表現する力)研修では、コミュニケーションにおいて女性が持つ一般的な傾向に気づくことができ、またさらに他の部門から参加している女性社員と情報を共有できるなどの副次的効果もありました。女性管理職には身近にロールモデルが少ないなど悩みはあるのですが、こうして女性が働きやすい環境が整備されていくのは良いことだと思います。