『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > 人材に関する取組み > ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み > ダイバーシティ&インクルージョンを推進する体制づくり

ダイバーシティ&インクルージョンを推進する体制づくり

ダイバーシティ・ガバナンス−継続的にダイバーシティ&インクルージョンを推進していくために

ダイバーシティ&インクルージョンに継続的に取り組んでいくためには、経営トップの強いリーダーシップによるトップダウンのアプローチ、そして部門や現場での現状と課題を経営陣に伝えるボトムアップのアプローチの双方が不可欠です。アクサ生命では、CEOの強いリーダーシップのもと、強固なガバナンス体制を整え、全社レベルでダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいます。

強固なガバナンス体制

  1. CEO - 自らが先頭に立ってダイバーシティ&インクルージョンを推進
  2. ダイバーシティ推進室(DPO) - ダイバーシティ推進の中核を担う組織です。戦略立案、研修企画、アクション支援、情報提供を通じて啓発活動を展開します。
  3. ダイバーシティ&インクルージョン運営委員会(DIAC) - スポンサー兼議長を務めるCEO、および数名の役員から成る組織。隔月で会議を開催し、アクサが目指すべきダイバーシティ&インクルージョンの方向性を討議し、アクションに導きます。
  4. 有志の社員によるグループ - 共通の立場や関心を持つ社員同士が集う自主的なグループ。必要に応じてDIACに見解を示します。代表的なグループとして、子育て中の社員を対象とした「パパママランチ」や、おもに管理職の女性が情報共有を目的に集う「ウーマンズ・ネットワーク」があります。
  5. ダイバーシティ・トレーナー&リソース・チーム - ダイバーシティ関連の研修で講師を務める社員、特定の課題についてアドバイスや情報を提供するDPOスタッフと障害者社員など、ダイバーシティを推進する社員たちが含まれます。
  6. カルチャー・アンバサダー - 年初に各部門の企業文化変革の推進者として役員が指名し、各々の部門における課題の特定、アクションプランの策定、目標の設定およびモニタリングを行ないます。また、定例のアンバサダー会議では各部門の情報交換を行ない、成功事例を共有します。社員のダイバーシティ&インクルージョンへの参画意識を向上させる上で、要の役割を果たします。
  7. 営業フロント - 全国に展開する営業拠点において、現場の実状にあわせてダイバーシティ活動をリードします。