『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > 人材に関する取組み > ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み > ワークライフバランス

ワークライフバランス

アクサ生命では、社員ひとりひとりが心身両面の健康を増進し、仕事とプライベートをバランスよく充実させることで、仕事への意欲と生産性の向上が図れると考え、ワークライフバランスの推進に積極的に取り組んでいます。

ワークライフバランス支援制度

有給休暇、特別休暇

休暇制度を充実させると同時に取得しやすい環境を整えることは、子育てや家族の介護など社員の基本的ニーズに応えるだけではなく、業務の属人化を避け、効率化を促すというビジネスのニーズに応えることでもあります。アクサ生命では、勤続満1年以上の社員には、法定基準を超えた20日の有給休暇に加え、5日間の夏季特別休暇を付与し、全社員が確実に取得できるよう奨励しています。
またボランティア活動に参加する社員をサポートするため、ボランティア休暇を新たに導入したほか、有給休暇は1時間単位でのフレキシブルな取得も可能です。

出産・子育て休業中の支援

アクサ生命では、育児休業を取得した社員がスムーズに職場に復帰できるよう、育児休業者向けの職場復帰支援プログラムを利用して、オンライン講座や情報交換の場を提供しています。このシステムを通じて会社の最新情報をチェックすることもできるので、休業中に生じやすい疎外感の緩和に役立っています。また育児休業は最初の10営業日を有給とすることによって、男性社員の取得も促進しています。

20時消灯・リフレッシュデー

20時以降の勤務を原則禁止するとともに、部門やチームごとに特定の曜日をノー残業デーと定めています。

ビジネスカジュアル

一年を通してビジネスカジュアルを推奨し、自由な発想による業務効率の向上をはかっています。もちろん省エネにもつながっています。