『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > 地域社会の発展、さらなる未来に貢献するための取り組み > リスク啓発活動・研究支援

リスク啓発活動・研究支援

アクサ生命は、セミナー等を通じて病気のリスク啓発運動を行っているほか、リスク軽減に関する研究や人材育成の支援を行っています。
また、少子高齢化や中小企業の後継者不足等、社会が抱える課題への取り組みも行っています。

子宮頸がんリスク啓発活動

アクサ生命は、地方新聞社とのタイアップによる「子宮頸がん啓発メディアキャンペーン」を推進し、セミナー等を通じた子宮頸がんのリスク予防と啓発を行っています。

糖尿病リスク啓発運動

糖尿病は、放置しておくと重大な合併症を引き起こすといわれており、質の高い医療による早期治療や重症化防止が必要な病気です。アクサ生命は2年連続で「世界糖尿病デー」をサポートするとともに、セミナーを通じた糖尿病リスク啓発運動を推進しています。

学術研究支援(AXAリサーチファンド)

AXAグループは2008年、世界トップレベルの学術研究を支援する基金「AXAリサーチファンド」を設立しました。これから先の世界で起こり得るさまざまな“リスク”に備え、科学技術の発展や人材育成を支援します。

CR Fixed Income Fund 社会的責任ファンド

アクサ生命が中心となり、AXAグループの資産運用会社などと協力して、資産運用からの収益の一部を寄付金として拠出する社会的責任ファンド「CR Fixed Income Fund」を2012年に創設。「少子高齢化」などの課題解決への取り組みを支援しています。

子ども起業体験プログラム「ジュニアエコノミーカレッジ」

小学生の企業体験プログラム「ジュニアエコノミーカレッジ」は、中小企業の事業承継・後継者確保に対する経営者の危機感がきっかけとなり、2000年に福島県の会津若松商工会議所青年部が発起したプロジェクトです。アクサ生命は2011年より活動を支援しています。

ジュニア・アチーブメント

AXAグループは、金融リスクに関する啓蒙活動をグローバルに展開する「ジュニア・アチーブメント」とパートナーシップを組み、青少年向けの教育プログラムを実施しています。日本では公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本と協同で、2012年よりリスク教育プログラムを開始し、社員ボランティアが中学生や高校生に、人生の予期せぬリスクに備える知識や手段をお伝えしています。