『世界No1の保険ブランド』『世界に約1億200万人のお客さま』アクサは、世界最大級の保険・資産運用グループAXAの一員です。

アクサ生命保険トップ > 会社情報 > CR経営について > 地域社会の発展、さらなる未来に貢献するための取り組み > AXAグループのCR活動

AXAグループのCR活動

AXAグループは世界最大級の保険・資産運用グループとしての専門性を活かし、「リスクの軽減」を目的とした調査・教育活動を世界各地で展開しています。

国際協力NGO「CARE」とのパートナーシップ

AXAグループは、世界70以上の途上国や紛争地域で自立支援活動を行っているNGO「CARE」とパートナーシップを結び、さまざまなリスクの軽減に取組んでいます。

CAREについて

CAREは収入向上、教育、自立支援、保健、水と衛生、環境、コミュニティ開発など多岐にわたる方法で、年間6,500万人に対して支援活動を展開している国際協力NGOです。災害時の要援護者に対する教育活動や、災害に対する備え、気象変動に対しての適応などの分野のプロフェッショナルとして、世界的に高い評価を得ています。
保険をコアビジネスとするAXAグループもまた、リスクマネジメントのプロフェッショナルであり、リスク教育に関するCAREのビジョンに共鳴。両者が力を合わせることによってさまざまなリスクを軽減できるのではないかとの想いから、パートナーシップを結んだものです。

CAREに関する情報は、こちらからご覧いただけます。
ケア・インターナショナルジャパン新しいウィンドウで開きます

協働して取組んでいる主な活動

降雨パターンの変動リスクに関するプロジェクト

降雨量の変化によって生じる危険性を分析し、災害時要援護者が、今後起こりうる災害に対してどのように備えるべきかを指南するプロジェクト「Where the rain falls」を、インドやタイなど4カ国でスタートしました。それぞれの地域に最適なアクションプランの立案に、AXAグループのリスク分析に関する専門知識が役立っています。多くの方に活用いただけるよう、プロジェクトの結果は公開し、政府関係者や研究者とも共有しています。

自然災害予防に対する意識向上プログラム

自然災害のリスクが高いコミュニティに対して、回復力を高めリスクを軽減することを目的としたプログラムにも携わっています。例えばベトナムでは、嵐に対する防壁としてマングローブを植え管理する活動や、漁業・水産養殖によって収入増加を図り、暮らしの質を向上させる活動をサポートしています。またフィリピンでは、自然災害に対して危険度の高い地域の学校や自治体と連携し、子どもたちに安全で災害リスクの少ないコミュニティづくりを促す指導を行っています。

食糧危機に対しての支援活動

アフリカのマリ共和国では食糧不足が大きな問題となっています。特にガオ地区 では43%以上の世帯が食糧不足にあえいでおり、妊婦や子どもに深刻な健康被害が出ています。そこで、食糧危機を予測して食糧を管理するための教育や、畜産経営・園芸などのプロジェクトを興し、地域経済を強化するなどの活動を通じて、これまでに25,000人以上の人々を支援してきました。

東日本大震災被災地域への支援活動

被災地支援のボランティアニーズはライフライン復旧のためのものから、地域の「絆」を回復するためのノウハウ支援などへとシフトしてきました。2011年にケア・インターナショナルジャパンが「絆」回復を目指して実施した「コミュニティ・サロン・カフェ」「ママカフェ」「地域の祭り復活支援」に対して、活動の趣旨に賛同したアクサ生命は200万円を寄付。この取組みについて、ケア・インターナショナルジャパンより「たいへん時宜を得た、意義深いものであった」と評価され、感謝の盾を受賞しました。

学術研究支援(AXAリサーチファンド)

AXAグループは2007年、世界トップレベルの学術研究を支援する基金「AXAリサーチファンド」を設立しました。これから先の世界で起こり得るさまざまな“リスク”に備え、科学技術の発展や人材育成を支援します。

AXAリサーチファンドについて

「AXAリサーチファンド」は、2007年にパリで設立され、以来、ヨーロッパ圏を中心に、世界トップレベルの研究機関に資金を提供しています。2007年以来1億1500万ユーロを拠出している、単一企業の研究基金としては世界最大規模のファンドです。支援する研究分野は、環境リスク、生活リスク(健康リスク、長生きリスクなど)、社会経済リスクの3分野で、各分野にそれぞれ3分の1ずつを拠出していきます。

グローバルに展開される研究支援

資金の提供先の選定は、著名な専門家等から構成される「科学委員会」によって行われます。当初はヨーロッパの研究機関を中心として支援を行っていましたが、2011年より日本の大学や研究機関に対する支援を開始、今後はアジア圏でも支援の対象を広げていきます。現在は、オックスフォード大学に所属する日本人女性による環境リスク分野の研究や、京都大学に所属するポルトガル人男性による医療分野の研究への支援が実施されています。 AXAリサーチファンドは、環境・生活・社会経済面のさまざまなリスク研究への支援を通じて、リスクを深く理解し、それを軽減するとともにその発生を未然に防ぐことができる社会の構築に寄与することを目指しています。

募集・選考プロセスは、AXAリサーチファンド(本部:仏パリ)で行われます。詳細は下記からご覧ください。
AXAリサーチファンド公式ホームページ新しいウィンドウで開きます