退職金プラン(経営者・従業員向け)

老後の準備、従業員の安定・定着のために

アクサの「企業経営」サポートシリーズ 就業不能保障プラン

[生活障害保障型定期保険]
  • 経営者・役員の退職慰労金・弔慰金準備にご活用いただけます。
  • ・経営者の「万一の事態」と「就業不能」に備えながら、「勇退後のための資金」も築くことができるプランです。
  • ・在任中は就業不能保障や死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した役員退職慰労金としてもご活用いただけます。
  • ・法人でご契約される場合、保険料の全額または一部を損金算入できます。(契約年齢や保険期間によって、損金としてお取扱いできる割合が異なります。)(「法人税基本通達9-3-5」、および「平成20年2月28日付課法2-3 課審5-18」※現行の通達などには生活障害保障型定期保険に関する規定はありませんので、現行の定期保険および長期平準定期保険の規定に準拠しています。)

アクサの「企業経営」サポートシリーズ 98定期付終身保険

[98歳満了非更新型定期保険特約付無配当終身保険]
  • 役員・幹部社員の退職慰労金・弔慰金準備にご活用いただけます。
  • ・終身保険に98歳満了の非更新型定期保険特約が付加されていることにより、在任中から勇退後まで経営者を手厚くサポートする保険です。
  • ・在任中は死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した役員退職慰労金としてもご活用いただけます。
  • ・所定の要件により特約部分の保険料の1/2が損金算入可能です。(全期払と短期払では保険料の経理処理が異なります。)(「法人税基本通達9-3-4、9-3-5、9-3-6」、および「平成20年2月28日付課法2-3 課審5-18」)

アクサの「企業経営」サポートシリーズ 長期定期保険

[低払いもどし金型定期保険]
  • 役員・幹部社員の退職慰労金・弔慰金準備にご活用いただけます。
  • ・98歳満了の長期保障で企業経営をサポートします。
  • ・在任中は死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した役員退職慰労金としてご活用いただけます。
  • ・年金払移行特約を中途付加することで、ご契約の全部または一部を年金払に移行することができます。
  • ・所定の要件により保険料の1/2が損金算入可能です。(全期払と短期払では保険料の経理処理が異なります)。(「法人税基本通達9-3-5」、および「平成20年2月28日付課法2-3 課審5-18」)

アクサの「企業経営」サポートシリーズ 逓増定期保険

[初期低払いもどし金型逓増定期保険]
  • 経営者・役員の退職慰労金・弔慰金準備にご活用いただけます。
  • ・死亡退職金や弔慰金、解約時の払いもどし金を利用した退職慰労金の準備にご活用いただけます。
  • ・企業の発展とともに大きくなる経営者のリスクをカバーします。
  • ・保険料の一部または全部は損金算入が可能です。(「法人税基本通達9-3-5」、および「平成20年2月28日付課法2-3 課審5-18」)

アクサの「一生保障」の終身保険 保険料長期割安型

[無配当終身保険(低払いもどし金特則付)]
  • 役員・幹部社員の退職慰労金・弔慰金準備にご活用いただけます。
  • ・「低払いもどし金特則」を付加することにより、割安な保険料で一生涯の保障を準備できます。
  • ・在任中は死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した役員退職慰労金としてご活用いただけます。
  • ・年金払移行特約を中途付加することで、ご契約の全部または一部を年金払に移行することができます。

各商工会議所ごとに、採用している共済制度・福祉制度の種類は異なります。詳細は最寄りの商工会議所へお問い合わせください。
このご案内は、商品の概要を説明しています。詳細につきましては「商品パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要)」「重要事項説明書(注意喚起情報・その他重要なお知らせ)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

  • * 法人税等の取扱に関しては、将来的に税制の変更により経理処理方法・税率等が変わる場合があります。
  • * 年々の経理処理に関しましては御社ご担当の税理士または税務署等にご確認ください。